カテゴリー
ニュース

ロボット工学のイノベーションを加速するため、Skydioがオープンソースのライブラリを公開

素晴らしいAIと自律性機能を持つSkydioが、ロボット工学のコミュニティで波紋を広げていることは、驚くことではありません。同社は、SymForce(GitHubで公開されている、誰もが貢献できる事前学習済みのコンピュータビジョンモデルのライブラリ)を通じて、何年も前から、ロボットを大規模に構築するために、同社のモーションプランナーシステムから学んだことを共有してきました。

スカイディオのオートノミーチームが5年でSymForceを開発できたのは、性能とコードの保守性に重点を置いたことが大きい。

SymForceは、問題を一度コーディングし、シンボリックに実験し、問題を解決する最適化されたコードを生成することを可能にします。

コード生成ライブラリは、複雑なロボット問題を記号式でモデル化するだけでなく、3Dジオメトリタイプ、カメラモデル、ノイズアルゴリズムなどのコンポーネントを追加することができます。

Skydio社のオートノミー担当副社長Hayk Martiros氏は、SymForceはラピッドプロトタイピングとSkyDrones上で高度に最適化されたランタイムコードを実行するための「驚くべきツール」だと述べています。そして、なぜGitHubでオープンソース化することにしたのか、その理由を説明しています。

この汎用ワークフローは、ロボティクスやその関連領域におけるさまざまなタスクの解決に有効であり、手書きコードを少なくし、バグの表面積を減らしながら、一般的なタスクを一桁以上高速化することができます。

その中核となるコンポーネントは、アルゴリズム・コードを必要とするあらゆる領域で有用であり、高校生から技術系企業まで幅広い層に恩恵をもたらすことができると考えています。

SymForceは、スカイディオで何万台ものロボットに使われている強力なロボットソフトです。公共図書館が新しくなり ベータステージ.pip を使って SymForce をインストールし、ノートブックで遊びながら、数時間で本番コードをデプロイすることができます。また スカイディオブログ をクリックすると、SymForceの仕組みと高速化の理由をご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。