カテゴリー
ニュース

DJI Air 2Sドローンが標高8,611mのK2サミットを撮影

K2は標高8,611メートル(28,251フィート)の世界第2位の高峰ですが、25%以上の死亡率から、エベレストよりもはるかに危険な山だと考えられています。イギリス人写真家のSandro Gromen-Hayesは、K2に登頂しただけでなく、DJI Air 2Sドローンを飛ばして、史上最高の山岳動画を撮影しました。

標高8,000mの山頂付近は酸素が不足しているため、K2は "野蛮な山 "と呼ばれています。1953年に登頂に失敗したジョージ・ベルが、"これはあなたを殺そうとする野蛮な山だ "と宣言したのは有名な話だ。

小型の既製機も、高高度は苦手です。例えば、$999 Air 2Sのサービス上限は5,000mです。5,000mを超えるとドローンの性能は保証できません。

現在の高度記録とは裏腹に、Gromen-Hayesはいつか高高度ドローンの聖杯である月への飛行記録を打ち立てたいと考えている。

「マナスル(前方)山頂で初めて8,000mを越えてドローンを飛ばそうとしましたが、離陸する前にコントローラーが壊れ、それを解決しようとして凍傷になりました」とGromen-Hayesは言います。「エベレストでは、標高7,900mまで近づきましたが、山頂の日は風が強く、重荷になりました」。

"K2冬で、私は7,100mで飛行した。ドローンは空から落ち続け、ニムスは私を振り向かせました」とグロメンヘイズは振り返ります。

"今年は星が並び、8,611mのK2山頂から飛びました。"

K2は現在、世界で最も多くの登山者が挑戦している山であり、今年も過去最高の登山者を迎え、さらに多くの登山者を迎えようとしている。

私たちは、大きな逆境、葛藤、危険に直面しながらも、頂上を目指します。しかし、中にはそこにたどり着くまでにすべてを犠牲にし、二度と戻ってこられない人もいるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。