カテゴリー
ドローン情報

DJI FPV Goggles V2の値下げは、Avataの発売を示唆するものです。

DJIのデジタル画像伝送機能付きFPVゴーグルV2が、希望小売価格から25%引きで販売されています。この値下げは、噂されているDJI Avata CineWhoopスタイルのミニFPVドローンの発売に備えたものだと思われます。

DJI FPV Goggles V2は、解像度810p/60fps、低遅延モードの遅延は28ms、高品質モードの遅延は40msを実現しています。

最適な快適さとドローン操縦は、このゴーグルの調整可能な視野によって実現されます。フル充電で最大110分までFPVを楽しむことができます。

お客様が購入された場合、当社は手数料を得ることができますが、お客様には追加費用はかかりません。

FPV Goggles V2は現在DJIのオンラインストアでは在庫切れですが、DroneNerds、BHPhoto、Adoramaなどの正規販売店では小売価格から$140でペアを入手することが可能です。

DJI Avataは、FPV Goggles V2が発表されると対応する見込みです。DJI Goggles 2は、屋内向けドローン、O3 Air Unitとともに、すでにFCCデータベースにヒットしている。

RCDS18とRCDS18Bは、FCCに申請されたDJI Goggles 2のモデル番号です。しかし、両者に大きな違いはありません。DJIは、RCDS18とRCDS18Bの回路設計、PCBレイアウト、電気部品、内部配線は同一であるとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。